成年後見

成年後見

認知症の方、知的障害のある方など、判断能力が十分でない方の日常生活を、ご本人の意思を尊重しながら支援する制度です。

 

ご本人に代わって法律行為を行う事務なので、身の回りのお世話をする身体介護などの行為は含まれません。

成年後見制度は、3つの理念に支えられています。

 

1 自己決定の尊重

本人の財産管理・身上監護に関する事務を行うときに、本人の意思を尊重しなければならないという考え方です。

ただ本人のいいなりになるのではなく、普段の生活や、環境、本人のことば、本人の利益保護などを総合的に判断します。

 

2 残存能力の活用

本人の能力の失われた面ばかりにとらわれることなく、自分らしく生活できるように、本人が今現在もっている能力を最大限に引き出し活用することが必要であるという考え方です。

 

3 ノーマライゼーション

認知症の高齢者だから。障害者だから。と特別扱いをしないで、今までと同じようにノーマルな生活を送ってもらおう。という考え方です。

 

成年後見の事務の範囲

①財産管理  ②身上監護 

成年後見事務の範囲のページへ

 

成年後見制度の種類

1 法定後見制度

すでに判断能力が低下している場合に利用する制度です。

後見、保佐、補助の3種類があります。

 

2 任意後見制度

判断能力が十分にある間に、信頼できる人とあらかじめ契約しておく制度です。 

任意後見のページへ