見守り契約

「見守り契約」とは、

定期的に電話・メールで連絡をしたり、ご自宅への訪問をしたりして、

生活状況や心身の健康の状態の変化を見守る契約です。

 

任意後見契約が始まるまでの生活が不安だ。

一人暮らしなので、生活状況を把握してほしい。

困ったときに、相談にのってほしい。

といったお悩みに対応できます。

 

「見守り契約」は「任意後見契約」と同時に結んでおくと、

任意後見契約のスタートの時期(家庭裁判所で任意後見監督人を選任する時期)を見極めてもらえる!というメリットがあります。

 

当事務所の見守り契約

①月に1回のご自宅への訪問(30分程度)

②月に1回の電話での連絡

③毎日の生活の中で、ちょっとした心配事や困ったことがあった時の助言

④ご親族に対する定期的な報告

 

上記が、当事務所の基本的な「見守り契約」の内容です。

 

見守り契約は当事者間の合意のみで成立し、内容を自由に定めることができます。

「週に1回は訪問してほしい」

「訪問の際に写真を撮って送ってほしい」

など、追加のご要望がございましたらご相談下さい。

見守り事務(上記の基本コースの場合)  月額10,000円(税抜き)
 

見守り契約書の作成

見守り契約書は、特に決められた様式はありません。

しかし、当事務所では無用のトラブルを避けるために「公正証書」により

作成いたします。

見守り契約書の作成(公正証書)  50,000円(税抜き)
※別途、公証役場への手数料が必要となります。