相続人の調査

相続人になれる人は民法で定められています。

 

当事務所では、被相続人が生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍を調査し、「誰が相続人か?」を確定し、相続関係説明図を作成いたします。

 

用語のチェック!

被相続人 お亡くなりになった人
相続人 相続を受ける人
推定相続人 相続が開始したら、相続人になれる人
法定相続人 民法の規定により、相続人になれる人
配偶者 夫や妻のこと(婚姻関係)
血族 血のつながりがある人(ここでは養子も含)
 
 

相続人になれる人

相続人になれる人は、「配偶者+血族」です。

 

配偶者

法律上の婚姻関係にある配偶者に限定されます。

内縁関係の夫や妻は相続人になれません。

 

血族

民法で、相続人になれる順位が定められています。

上の順位の血族がいる場合は、下の順位の血族には相続する権利はありません。

*胎児は生まれたものとみなして、相続する権利があります。

(死産の場合は、はじめからいなかったものとされます。)

 

第1順位 直系卑属 ( 子どもや孫 )
第2順位 直系尊属 ( 父や母 )
第3順位 兄弟姉妹
 

主な相続人の組み合わせ

①配偶者 と 子

②配偶者 と 親

③配偶者 と 兄弟姉妹

④配偶者のみ

⑤子のみ

代襲相続 (だいしゅうそうぞく)

相続人になるべき人が、被相続人の亡くなる前に亡くなっていたり、相続権を失っていたりするときは、その人の直系卑属(子・孫)が相続人になります。

このときの相続する人を、代襲相続人といいます。

 

代襲相続人は、本来の相続人と同じ順位で相続人になれます。

 

*兄弟姉妹について代襲相続が生じたときは、「甥・姪」の段階で代襲相続は打ち切りとなります。

 

相続人になれない人

相続人としてふさわしくない人は、相続権がありません。

 

相続欠格         *手続きは必要ありません。

相続財産に目がくらんで、不正なことをした人は、相続人になる資格を失います。

 

・脅迫して、自分に有利になるように遺言書を書かせた。

・人の遺言書を隠したり、捨てたり、書きかえたりした。

・父の遺産目当てで、自分の相続分が増やすために兄を殺した。

 などです。(くわしくは民法891条をご覧ください。)

 

*相続欠格者として、相続権を失っても、代襲相続は認められます。

 

推定相続人の排除   *家庭裁判所での手続きが必要です。

被相続人に対して、生前、虐待・重大な侮辱などをした人から相続権を奪うことができます。

 

2通りの手続きがあります。

①生前排除

②遺言排除

 

*相続欠格の場合と同じように、排除されても、代襲相続は認められます。

 

相続のトップページに戻る