相続手続きの流れ

相続は、人が死亡したときから始まります。

 

人が死亡すると、残された家族はいろいろな手続きをする必要があります。

 

相続の手続き(主なもの)

7日以内 死亡届の提出

 

 

10~14日以内

健康保険に関する手続き

公的年金に関する手続き

   
3か月以内 限定承認・相続放棄の申述
   
4か月以内 被相続人の所得税の準確定申告
   
10か月以内 相続税の申告・納付
   
 3年以内  生命保険金の請求
 
 

遺産の相続に必要な手続き

①遺言書があった場合 と ②遺言書がなかった場合 で異なります。

 

①遺言書があった場合

お亡くなりになった方が遺言書を残していた場合には、遺言の執行を行わなければなりません。

*遺言の執行

 =遺言書に書かれている内容を実現するために、必要な措置をすること。

 

《自筆証書遺言の場合》

家庭裁判所の検認手続をうける必要があります。

 

《遺言を執行するために、遺言執行者が必要になる場合》

遺言執行者が遺言の中で指定されていなかったり、指定されていた遺言執行者が亡くなっていたりした場合には、家庭裁判所に申し立てて、遺言執行者を選任してもらいます。

*遺言執行者

 =遺言の内容を実現する人

 

②遺言書がなかった場合

次のような流れで進めていきます。

相続の開始

死亡により、相続が開始します。

死亡届を7日以内に提出します。

 
相続人の確定

戸籍などの書類を集めて調査をします。

相続関係説明図を作成します。

 
相続財産の確定

相続財産を調査して、

相続財産目録を作成します。

 
相続の承認・放棄

原則3か月以内に、

家庭裁判所に申し立てます。

 
遺産分割協議

相続人が遺産の分割について、

話し合いをします。

 
遺産分割協議書の作成

協議でまとまらない場合、

家庭裁判所に調停を申し立てます。

 ↓  
相続財産の名義変更

不動産の相続登記や、

預貯金等の名義書きかえをします。

 
相続税の納付

相続税の申告をして、

10カ月以内に納付します。

 
 

相続放棄は、借金などのマイナスの財産が多いときには有効です。

原則として、相続の開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。

 

相続放棄をするかどうかを決めるには、プラスの財産とマイナスの財産がどのくらいあるかを調べます。相続財産の内容を把握したうえで、判断しましょう。

 

相続人の確定・相続関係説明図の作成、相続財産の調査・目録作成についてお困りでしたら、当事務所までお気軽にご相談下さい。

 

相続のトップページに戻る

鹿児島で、遺言、相続でお悩みならご相談下さい。

合原行政書士事務所

合原行政書士事務所