相続財産

相続人は、被相続人(お亡くなりになった人)の全ての権利義務を相続します。

プラスの財産である資産だけでなく、マイナスの財産として債務も受け継ぎます。

 

当事務所では、被相続人の相続財産を調査し、財産目録を作成いたします。

 

プラスの相続財産

現金、 預貯金、 不動産(土地、家屋)、 

 

不動産上の権利(地上権、賃借権、抵当権など)、 自動車、

 

宝石貴金属、 骨董品、 有価証券(株式、国債、手形など)、

 

ゴルフ会員権、 債権(売掛金、貸付金、損害賠償請求権など)、

 

知的財産権、生命保険金(お亡くなりになった人が受取人のもの) など

 

マイナスの相続財産

損害賠償債務、 借金、 ローン、 保証債務、

 

買掛金、 未納の税金、 未納の社会保険料 など

 

相続財産ではないもの

墓地、 仏壇、 位牌、 遺骨、 香典、 葬式費用、

 

生命保険金(お亡くなりになった人以外が受取人のもの)、

 

死亡退職金、 埋葬料 など

 

*その他、生活保護受給権や親権などの一身専属権(その人以外に帰属できない・帰属させるべきでない権利)は相続されません。

これらの相続財産のそれぞれについて、評価を行い、一覧表にまとめたものが財産目録です。

評価の方法は項目ごとに決まっています。(専門家にお任せ下さい。)

 

相続のトップページに戻る