遺言は大切です!

遺言を

「遺言書を作っておいた方がいいですよ!」と、言われたことはありませんか?

 

「でも、うちにはたいした財産はないし・・・。」

「まだまだ元気だし・・・。」

 と、自分には関係ない!と思っていらっしゃる方は、お待ちください!

 

遺言について、もっと知ってほしいです。

遺言書を作成するのは少し面倒ですが、メリットはたくさんあります。

 

遺言を作成するべきパターン

・自分の死後、人にあまり迷惑をかけたくない。

 

・相続人がいない。

 

・息子の嫁がよく世話をしてくれたから、財産を残したい。

 

・入籍していないパートナーがいる。

 

・兄弟姉妹の仲が良くない。

 

・相続させたくない子どもがいる。

 

・障碍のある子どものために、後見人を決めておきたい。

 

・お世話になった人に財産を贈りたい。 など。

 

遺言がなかったら、ふつうは法律で定められた相続分を基準として、相続人同士の協議で具体的な相続の内容を決めます。

 

しかし、相続人同士の協議からトラブルが発生することもあります!

 こうした”相続トラブル”を防ぐという観点から、遺言を作成することをお勧めしています。

 

遺言が必要!?

 

遺言の種類

 

遺言の内容

 

エンディングノート 遺言はまだ・・・という方はこちらを。

 

遺言のトップページに戻る