遺言執行者

遺言執行者には、相続財産の管理や認知など、遺言内容を実現するために必要な全ての行為をする権利と義務があります。

 

遺言執行者が選任された場合、

相続人は、相続財産の処分その他の遺言の執行を妨げるべき行為ができません。

相続人全員が合意しても、遺言執行者に無断でした執行行為は無効です。

遺言執行者が追認した場合は有効です。

 

遺言執行者は何人いてもOKです。

複数いる場合は、任務を執行するときはその過半数で決定します。

 

 

遺言執行者になれない人

・破産手続き開始決定を受けた人

・未成年者

 

遺言執行者の選任方法

1 遺言者が遺言で指定する。

生前の取り決めは無効です。

 

2 遺言者が遺言で遺言執行者の指定の委託をする。

同じく、生前の取り決めは無効です。

 

3 利害関係人の請求により、家庭裁判所が選任する。

利害関係人とは、相続人、遺言者の債権者、遺贈をうけた人などです。

 

申し立てる家庭裁判所は、「遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所」です。

 

遺言執行者の報酬

遺言執行者の報酬は、遺言で指定されていなければ、家庭裁判所が金額を決定します。

 

 

  遺言の内容のページに戻る