公正証書遺言

遺言者が、遺言内容を公証人に伝えて作成してもらうものです。

 

当事務所では、公正証書遺言の作成をおすすめしております。

 

公正証書遺言の作成の流れ

1 遺言書の原案を作成する。

しっかりと資産を把握してどのような内容の遺言にするかまとめましょう。

2 証人となってくれる人を2人以上決める。

証人になれる人には制限があります。ご注意ください。(くわしくはこのページの下部に)

3 公証役場に連絡をする。

公証役場に電話をして、公正証書遺言の作成日時の予約をします。

 

《事前の打ち合わせ》

遺言の原案と資産の内訳を説明して、必要書類と公正証書作成手数料の概算を計算してもらいます。

(打合せは電話ではなく、公証役場に出向いた方がよいです。)

4 証人と一緒に公証役場に行く。

持っていくものをチェックしてから家をでましょう。

 

《持っていくもの》

①遺言の原案

②遺言者の実印

③遺言者の印鑑証明書

④戸籍謄本または抄本、住民票など

⑤登記事項証明書(不動産がある場合)

  ↑法務局で発行してもらえます。

⑥固定資産評価証明書(不動産がある場合)

  ↑市町村役場で発行してもらえます。

⑦(預貯金や株式等がある場合)通帳や口座番号、会社名、金額が分かる書類

⑧証人の身分証明書と印鑑

⑨公証人の手数料

⑩その他、公証人から指定されたもの

5 遺言者が公証人の前で遺言したい内容を述べ、公証人が遺言の内容を筆記する。

証人が立ち会います。

6 筆記した遺言を、公証人が遺言者と証人の前で読み上げる。

内容が正確かどうかの確認をします。正確であれば次へ。

7 遺言者と証人が、それぞれ署名・押印をする。

証人の印鑑は、認印でOKです。

8 公証人が、法律にしたがって作成したものであることを記し、署名・押印をする。

完成!

原本は公証役場に保管されます。正本、謄本は遺言者に渡されます。

9 公正証書作成手数料を支払う。

これで手続きの完了です。

これからの人生を今まで以上に楽しんで下さい。

公正証書遺言の証人になれない人

①未成年者

②推定相続人(相続人になる予定の方)、受遺者(遺言で遺贈を受ける方)

  およびその配偶者ならびに直系血族

③公証人の配偶者、4親等内の親族、書記、雇い人

 

公正証書遺言のデメリット

・作成手続きが面倒。

・費用がかかる。

・証人を用意する必要がある。

・遺言を作成したこととその内容を、完全に秘密にすることはできない。

 

 しかし、せっかく、ご家族のことを想って作成する遺言です。

残されるご家族のために、安心&安全な公正証書遺言にすることを当事務所ではお勧めしています。

自筆証書遺言

 

公正証書遺言

 

秘密証書遺言

 

  遺言のトップページに戻る