秘密証書遺言

自筆証書遺言と公正証書遺言の中間のようなものです。

 

書いた内容を他の人に知られることなく、遺言の存在を明らかにできます。

封紙がされているので、偽造のおそれもありません。

パソコンで作成したり、代筆で作成したりすることができます。

 

作成の流れ

1 自分で遺言書を作成する。

パソコンや代筆でもOK。署名・押印をします。

2 封筒に入れて封印する。

遺言書に押した印鑑と同じもので封印します。認印で構いません。

3 証人となってくれる人を2人以上決める。

証人になれる人には制限があります。(公正証書遺言のページをご覧ください。)

4 公証役場に連絡をし、証人と一緒に公証役場に行く。

持っていくものをチェックしてから家をでましょう。

5 公証人に遺言書を提出する。

①自分の遺言書であること ②書いた者の氏名 ③書いた人の住所 を述べます。

6 公証人が年月日と遺言者が5で述べたことを封紙に記載する。

7 公正証書作成手数料を支払う。

手数料は、11,000円です。これで手続きの終了です。

 

秘密証書遺言のデメリット

・民法のルールに従っていないと無効になる場合がある。

・遺産の分配の指示があいまいな場合がある。

・証人が必要。

・遺言書が発見されなかったり、捨てられたりするおそれ。

・死後に、家庭裁判所の検認が必要。

 

遺言書が無効になったり、残される相続人を困らせたりしないために、専門家に相談するといいですよ。

自筆証書遺言

 

公正証書遺言

 

秘密証書遺言

 

遺言のトップページに戻る